土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
久しぶりの自転車。
2009-04-08-Wed  CATEGORY: 未分類
 桜の満開の峠は過ぎて、葉桜になりかけている。
 花をめでるのもいいが、桜の若葉も、それはそれで美しい。
 【国道388号、桜のトンネル】
葉桜になりかけ

 今日は、早めに帰宅し、バタバタと着替えて、自転車にまたがり、祝子川を上流に向ってペダルを、ここぞとばかり、こいだ。
 力をこめてペダルを踏み込む。右膝の古傷がすこし痛い。でも、かまわずに、体重をかけて、踏み込む。坂道でも、トップギアに入れたまま、できるだけテンポを変えないように、早足で踏む。

 風を切って進む。
 ipodからは、桂歌丸の「竹の水仙」が聞こえてくる。左甚五郎だ。

 外は、気持ちがいい。
 帰りは、夕陽が沈んでいた。春の日も、秋の夕暮れみたいに、日の落ちるのが早い。

夕陽。

 では。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.