土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ふるさとまでの距離。
2009-04-14-Tue  CATEGORY: 貞光町

ふるさとへ向う最終に

乗れる人は急ぎなさいと

やさしいやさしい声の駅長が

街なかに叫ぶ

振り向けば空色の汽車は

いまドアが閉まりかけて

灯りともる窓の中では帰り人が笑う

走り出せば間に合うだろう

・・・・・・略・・ (中島みゆき)



ふるさとまでの距離。

自宅~佐賀関港 111キロ

佐賀関港~三崎港

三崎港~伊予IC 104キロ

伊予IC~美馬IC 140キロ

合計、運転距離 355キロ 。

やはり、距離だけは、さすがに昔と同じだ。時間は短縮されたけれど距離は変らない。

ついでに所要金額 。

フェリー代 二人で往復すると・・      18,050円

高速道路ETC割引で・・            2,000円

燃料代 355キロ×2/8 ×120円  10,650円

 往復で3万円弱ということになる。

 家人と私の定額給付金で、交通費の大部分は、まかなえそうだ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.