土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
宮崎県から徳島県へ。九四国道フェリー。
2009-05-18-Mon  CATEGORY:
 今回、宮崎から徳島に行くのに、はじめて「佐賀関~三崎」のフェリーを使ってみた。
 国道九四フェリー


 佐賀関港

 佐伯~宿毛の180分。臼杵~八幡浜の150分。 別府~八幡浜150分に対して、佐賀関、三崎間は、70分と、船旅が短い。運賃も安い。1時間間隔で出港している。船は小さいけれど、海上が短いので、揺れない。
 九四フェリー

 【船内】
 フェリー船内



 三崎港から八幡浜市までは、メロディラインと名づけられている国道197が半島の中央部に通っている。
 30分ほどで八幡浜に着く。メロディラインから眺める風景もなかなか趣があってよい。
 つまり、大分の佐賀関から八幡浜までは1時間40分で行くことができるわけだ。
 【メロディライン】
 三崎から八幡浜


 八幡浜からは、市街を通って夜昼トンネルを抜けて大洲。大洲から高速道路に乗るのが一般的だ。
しかし、八幡浜市街を通って大洲まで行くよりも、八幡浜市の手前、保内というところで、国道378号に左折して瀬戸内海を左に見て走る「夕やけこやけライン」に乗り、伊予ICから高速道路に乗るほうが、交通量も少なく、美しい景色を見ながら快適に走れる。
徳島からの帰りは、伊予ICで降りて「夕やけこやけライン」を走ったのだ。

次回は、行きも帰りも、こちらにするつもりだ。
 【夕やけこやけライン】
 夕焼け小やけライン
 【夕やけこやけラインの日の入り】
 残念ながら、夕焼けは時間が早くて見られなかったが、多分、名前にふさわしい、荘厳な瀬戸の夕焼けが見られたに違いない。瀬戸を眺めながら、夕焼けを想像して走った。)

日の入り ゆうやけこやけライン


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.