土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
落語・青菜。
2009-06-13-Sat  CATEGORY: 未分類
  青菜という落語がある。

 故・桂枝雀さんをはじめ、多くの方が演じられている。元々は上方の咄らしいが、江戸落語でも「青菜」で語られている。

 桂ざこばさん。桂枝雀さん。柳家権太郎さん、笑福亭仁鶴さんほか大勢の芸人が話しされる。

 個人的には「桂ざこば」の青菜が好きだ。

 幾度となく聴いているので、筋書き、落ち、台詞がわかっている。
 
 しかし、ほぼ同じところで笑う自分が居る。

 私の好きな場面は、植木屋の女房が「はあい、旦さん」と押入れから飛び出してくるところだ。汗だくだくになって出てくるところは、実に、いい。

 桂ざこばさんの「青菜」は、桂ざこばさんのガラガラの大阪弁と咄とマッチしているのだ。これしかない、という咄をしてくれる。

 同じ、ざこばさんが「首提灯」を演じるときは、ちょっと暗くなり、おどろおどろしくなる。

 これを枝雀さんが演じられると「爆笑」に変る。

 落語は、同じ咄でも、演者により、全然、違ったものになる。

 だから、同じ咄でも、何度でも、聴きたくなるのだな。






 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。