FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
目が離せない。
2009-07-02-Thu  CATEGORY: 政治
 東国原知事が任期の途中で衆院選へ、それも、東京の比例区で立候補の話が出ている。
事実だとしたら、東知事はパトリを捨てて全国区へ。ローカルからグローバルへの変り身か。

知事の成果は、とにかく「宮崎県を有名にしたこと」。

それ以外のことは、私は知らないし、わからないし、実感もわいてこない。

東知事が去れば、県庁に訪れる観光客は激減し宮崎ブームは終焉するのかもしれない。

知事が居なくなるということは、知事選があるということ。いったい、誰がなるのだろう。

また一方では、前国土交通大臣が不出馬の前言を撤回し、宮崎1区で立候補するかもしれないという。すでに、立候補を予定している、民主党と自民党の候補は、どうなるのか。


おもしろい、ではないか。


しかし、いったい、どうなるのだろう。宮崎県は、そして日本は。

次の選挙で自民党が下野し、民主党が政権運営をになうとすれば、日本はどうなるのか。

 いささか、自棄気味のようだが、民主党が政権を担ってみるのも、いいのかもしれない。

 民主党は、旧自民党、旧民社党、旧社会党などの寄り合い世帯。それに、国民新党との連携となれば、政策が一致してまとまるのだろうか。

 と、いっても、今の自民党も、自ら選んだリーダーを背後から打ち下ろそうとしているし・・。



 そして、地方の中小建設産業はどうなるのだろう。



行き着く先は、政界再編しかないのか。そんな度胸があるのか。

  目が離せない。


スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.