土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
選挙。
2009-07-13-Mon  CATEGORY: 政治
 民主党が、このまま勢いを得て政権を担うようになりそうです。
 それが、いいことなのか、よくないことなのか、わかりません。ただ、時代の雰囲気みたいなものが「みんな民主党だ」みたいに、大きく後押ししているのは確実です。

 「民主党がいい」のではなくて、現状には満足できない人が多くなったということだと思います。

 しかし、今度の衆院選は、よく考えてから投票してほしいと願うし、自分もそうありたいと思っています。

 私の立場は、(多分)無党派層に属する、「自民党員」です。

 今の自民党がいいとは思いません。だからといって民主党がいいとも思えません。

 こういう厳しい時代だからこそ、政策やマニフェストをよく読んで決めたいと思います。各党には、誰からも理解されるような、わかりやすく表現された政策提言、マニフェストが必要ではと思います。

 マスメディアによる誘導や、時代の雰囲気、刹那的な感情、新旧世代交代などに左右されないで、頭を冷やして、じっくりと、真剣に、政策やマニフェストを読んで、一票を投じたいし、そうあってほしいと願います。

 小選挙区というのは、地元から選ぶ選挙。いわば、地元(地縁やパトリ)の代表として候補者を「国政」に送り込むので、いままでの付き合いや、地元に対する貢献度、今後の地元への貢献に対する期待などが優先されると思います。

 比例代表区は、地縁血縁などとは無関係で、ここで、政策やマニフェストが生きてくると思います。私は、そうした捕らえ方をしています。

 8月30日が投票日です。
 真剣に考えて投票したいと思います。






スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
■グーグルが選挙情報サービス 候補者が動画で質問に回答―やっと選挙にも新たなツールがでてきたか?
コメントyutakarlson | URL | 2009-07-14-Tue 11:11 [EDIT]
こんにちは。少しこのブログの趣旨からはずれるかもしれませんが、グーグルが選挙情報サービスとして新たなツールを日本でも、提供し始めました。おそらく、衆議院議員選挙など意識したものと思われます。このシステムは、オバマ氏が大統領選挙にも用いてました。しかし、こうしたシステムにも落とし穴はあります。やはり、候補者が自分で考え、行動した結果を見るようにしなければならないと思います。あくまで、人が主体ということにはかわりないと思います。その中でも、人の考えが重要です。そうして、今の時代最も重要なのは、マニフェストや公約を出すこと自体ということではなく、次世代のパラダイムを強力に打ち出すことです。民主党の時給1000円は、パラダイムではありません。やはり、どうやって新しい社会を構築して、その中で安定的に雇用を提供していくのかを掲載すべきと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.