土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
気持ちの整理。
2009-10-13-Tue  CATEGORY: 未分類
  今日は、自分の気持ちを整理するための「覚え書き」です。


 この頃、気持ちが不安定になっています。原因はほぼ把握しています。

  この頃、なんとなくついていけない私がいるからです。

 新しい知識や新しい技術等についていけない、というのではなくて、「考え方」にです。つまり、時代の流れについていけない、と同義語かもしれません。

 このことに関しては、冷静であろうということを自分自身に強いています。短絡的な行動をしてはいけないと常に自分に言い聞かせています。

 どうも、この頃の時代の考え方や動きは「皮相的」「刹那的」「即効性への期待」ばかりが目立ちます。それに、対して、いつも批判的になってしまうのです。

 しかし、この「ついていけない考え方」に対して「お前たちは間違っているよ」という指摘をする自信も確証もありません。私のような昔気質の考え方のほうが、本当は間違っているんじゃないかと思うこともしばしばです。

 でも、ここでの「間違っているとか、間違っていないとか」の判断基準は何なのでしょう。所詮は、自己を満足をさせるか、させないか、それだけのことなのでしょう。いろいろともっともらしい理由をつけてみても、最後は「俺が、私が」なのでしょう。と、すれば、つまらないことのようにも思えてきます。しかし、また、このような思考を追求していくと、その先は「虚無的」な空間が広がり「どうでもいいや、なるようになれ」みたいになるようにも思えます。

 つまりは、もっと素直になるべきかもしれません。


 私は「安心社会」の中の一員にしがみついていて、皆が目標とすべき「信頼社会」の中には入れない部類なのかもしれません。
 

 ここで、私の「考え方」を整理しておくと「人を大切に」「人はツールではない」「多くの人は善である」ということを基本として出発しています。(多分・・)


 そしてまた「相容れない考え方に無理やり合わせて流れてしまえ」という気持ちもあります。

 桃知さんのブログに「とりあえずは 大きな動きで流れて それ以上の スピードで 流れることで 独自性を保つ・・」という記述があります。

 もっと素直になって、「とりあえずは 大きな動きで流れて それ以上の スピードで 流れる」ように、やってみるのが、いいのかもしれません。

 もう少し、考えを整理してみよう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。