土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
試験結果。サクラチル。^^;
2009-10-27-Tue  CATEGORY: 技術士二次試験
今日は「技術士筆記試験」の合格発表の日でした。

グーグルカレンダーには「技術士試験(不)合格発表日」と予定を入れていました。
カレンダー


結果は、案の定、予想どおり、私の受験番号は記載されていませんでした。予期していたことなので、大きく「がっかり・・」はしていませんが、少しだけ「がっかり」しています。

 そして「くやしい」という気持ちも、徐々にわいてきています。

 正直なところ「あわよくば」「もしかして」「何かの手違いで」「そんなわけないけれど、ひょっとして」という、いやらしい気持ちもあったのです。しかし、結果は「予想どおり」でした。

当然の結果です。

私にとっては、筆記試験は半端ではありませんでした。

 しかし、来年も、挑戦してみようと思っています。

 このような試験は、モチベーションを高く長く維持できるかが、いちばんのポイントだろうと思います。

 言い訳じみたことですが、このごろは、公共工事の行く末、会社業績、現場、経営状況等を考えたりしていると「それどころではないぞ」という意識が「お前そんなことしていいのかい」「ほかにやることあるのじゃないのか」と、邪魔をしたりするのです。

  しかし、それはそれ。

 やはり、再度、受験します。六十、いや、五十七の手習いです。今度は、できたら、きちんと、基礎から計画的に勉強してみようと思います。今までは、落下傘みたいに山の途中に降りて山頂を目指す、みたいでした。今度は時間はかかると思いますが、復習をかねて、ふもとから、ぼちぼちと目指してみるのもいいかもしれません。

 コンクリートに対する知見を広く深めるだけでなく、専門や職業以外の他方面についても、学んでみたい、知りたい、経験してみたいと、いろいろとすることが、歳を重ねるほど、出てきているように思います。 

 あれか、これかでなくて、あれも、これもという感覚です。

 それも、基本的に「やる仕事」があるからこそ、だと思います。「やるべき仕事」が無かったり、失ったりすると、そういう気持ちが維持できるのか。出来ないと思います。

 体は、運動不足や加齢の影響で、あちこちと関節や筋肉が痛んだり、視力が落ちたり、白髪が増えたりして、思うように動かせなくなりつつありますが、まだ、好奇心は衰えてないようです。自分の好奇心のおもむくまま動けるところは、動かしていきたいと思います。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.