土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
うーん。
2009-12-02-Wed  CATEGORY: 建設
今年度の決算見込みは「なんとか、なりそう」である。

 思えば、毎年、薄氷を踏む思いで1年を過ごし、結果として、なんとかなってきた、というのが今までだ。


 民間の景気がいいときは公共工事部門が収益を落とすので民間工事部門が経営を支え、その反対のときは、公共工事部門が経営を担ってきた。

 今年は、後者のほうだ。

 しかし、来期は、公共投資は大幅に減額されるのが決定されている。なら、民間がよくなるのかというと、民間の投資意欲は低調だし、価格も厳しいという。

 なら、何をするのか。

 閉塞してしまう。

 来期は、むずかしい一年になりそうだ。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。