FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
CCPMの講習
2007-05-15-Tue  CATEGORY: 仕事
昨日、CCPMの講習を受講した。
 個人的には、おもしろい講習であった。


 CCPMの講話を聴きながら「以前やっていた、全社品質管理、QC活動みたいなものですね」と、参加した社員がいった。

 私も、そのような印象を持った。

 今回の受講内容では「みんなでやる」ということに価値があるように思った。
 つまり、部分最適から全体最適へ?


 QC活動にしても、VEサークルにしても、ISOシステムにしても、そして、今回のTOCにしても、効率的な結果が上がることよりも「みんなで真剣に取り組む」ことが、より重要であり、その結果として、社員一人ひとりの「能力(やる気や楽しく仕事ができるようになる、といった能力)」がアップする、そして組織の全体力が向上する、このことが、本当の目的ではないか、そう思った。

 もちろん、数値的な成果が上がるにこしたことはないけれど、それは、副産物みたいなものかもしれない。

 利益向上とか工程短縮とかいっているが、本当に「これだけ」を目的としたら、おもしろくない活動だと思う。

 こういった横文字の方法論は、アメリカにおいては合理的な手法だったかもしれないが、日本の文化に触れると、こういう、非合理的なものをはらんだシステムにいつのまにか、マッシュアップされるのかもしれない。

スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.