土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
秘すれば花。。。。ボランティアとは。
2010-01-08-Fri  CATEGORY: 建設
「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」

 日本人の様式美なのか。民族性なのか。

 しかし、今の「総合評価入札方式」で「地域貢献」「ボランティア活動」などが評価対象になり、こういう「美しさ?」は我々の業界では、失われつつあるように感じる。

 秘していては、何も伝わらない。伝わらないということは「評価」されない。「評価」されないと、総合評価方式におけるメリットが、得られない仕組みになっている。

つまり、地域貢献だとか、ボランティア活動が「商取引」の重要な要素になってきている。

これは、いいことなのか。よくないことなのか。

 地域貢献とかボランティア活動は、自主的活動であるはずなのに、他から、推奨されたり、制約されたりしている。読み方を変えた方がいいのかもしれない。

世阿弥は、観客に深い感動を与えるための単なる演出の技術論(テクニック)として「秘すれば花」を後世に残したのか。

それとも、もっと深読みすべきなのか。

解釈は、ひとそれぞれなのだろう。

言えることは、今は、少なくとも「秘すれば花」の世界ではないように思える。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.