土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
諸行無常。
2010-01-11-Mon  CATEGORY: 未分類
 今の季節、夜空を見上げるとまず目につくのが「オリオン座」だ。

 近日中に、オリオン座の左上の「ベテルギウス」が超新星爆発を起こすそうだ。

・・・・・・・と、朝日新聞に書いてあった。

 近いうちといっても、エックスデイは、今夜かも知れないし、十万年先のことかもしれない。

 もし、爆発すれば、満月ほどの大きさになり、昼間でも確認できるようになるらしい。

 冬の夜天に、満月が二つあるなんて・・・ことを目撃できるかもしれない。

 ベテルギウスの直径は、太陽の一千倍という。
 
 太陽から木星の軌道ぐらいの大きさだったのが、ここ何十年かで、金星ぐらいの軌道まで収縮しているらしい。


 爆発後は、ブラックホールになるそうだ。

 地球とペテルギウスとの距離は六百光年ということなので、今現在はすでに爆発しているのかもしれないし、そうでないのかもしれない。

 星の、臨終の姿を、我々は肉眼でみているわけだ。

 まさしく、

 万物流転

 諸行無常


  としかいいようがない。


 

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
六百光年
コメントso | URL | 2010-01-12-Tue 21:18 [EDIT]
ベテルギウスの今の姿は………現在の姿か、600年前の姿なのか。

なんかロマンです!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.