土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
馬の田楽から・・・・・ 徳島、貞光町。
2010-01-20-Wed  CATEGORY: 昭和という時代
 落語に「馬の田楽」という咄がある。

「桂米朝さん」の馬の田楽と「柳家小さん治さん」のでは、落ちは同じだけれど展開が、かなり違う。
上方の「馬の田楽」は、悪がき同士の会話や馬子と悪がきとのからみが面白くて笑える。
悪ガキどもが馬に悪戯をするところは、上方も江戸も同じだ。

咄を聞きながら、子供の頃、馬に悪戯して大騒ぎになったことを思い出していた。

50年ぐらい昔のことだ。

貞光川の河畔に、馬がつながれていた。
私は、堤防の上の桑畑から、堤防越しに、石ころを馬にぶつけて遊んでいた。
馬は、石ころが背中や尻に当たっても、気にも留めない風で、黙々と道端の草をはんでいた。

馬の無反応が面白くない私は、小さな石から大きめの石、一個づつ投げていたのが、ひとつかみにして投げたりと段々とエスカレートしていった。

その時は、突然にやってきた。

急に、たず縄をふりほどくと、馬は堤防に上り、疾走をはじめた。上流に向って走ったかと思うと、長橋のたもとでUターンして下流に走る。何回も何回も堤防上を往復して暴走をはじめたのだ。

内心「わー、どうしよう」と思いなが眺めていたら、飼い主と思われる男性が、堤防の上の畑から、疾走する馬の背中に飛び移って暴走を停めた。

「わー、すごい」

我に帰った私は、すぐに、振り返りもしないで、怒られないうちに、一目散に逃げて帰った。


「馬の田楽」に登場する悪ガキたちと、幼い頃の私たち、することは、よく似ていたものだ。


 馬が暴走した当時の堤防。
昔の貞光川

 今の堤防。
 今の貞光川



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。