土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
座右の銘。
2010-01-21-Thu  CATEGORY: 未分類
午前5時35分起床。外気温13度の朝だ。

今日は、設計変更審査会が予定されている。甲側の「どうしたいのか」という意思は、審査会に出てみないとわからない。ぶっつけ本番である。

内容にによっては、ワンデイレスポンスでの返答はできないかもしれない。






座右の銘。

というような言葉は持ち合わせてはいないけれど、ふと、思い出すのは、坂本龍馬の狂歌「世の人は我をなんとも云わば云え、我なすことは我のみぞ知る」である。

強いなあ、と思う。

でも、わざわざこういう歌を作るのは「実は強くない」の裏返しのような気がしないでもない。

そこが、いいなあと思う。

自らを奮い立たされるための歌でもなく、強い自信のあらわれでもない。
強い信念。信念の表れなのだと思う。

信念か。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.