土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アナログとデジタル。
2010-02-01-Mon  CATEGORY: 未分類
 昔、愛用していた、ほこりまみれのカメラ(Nikon)を取り出してきた。
 ずっしりと重たい。
 この質感が、またいい。

 本体を清掃し電池を交換した。

 モータードライブも稼働する。なんとか、使えそうだ。
 

 モノクロフィルムで撮影してみたくなり、昔よく行っていたカメラ店を訪ねた。

 「モノクロフィルムありますか?」
 「お取り寄せになります」という。
 また、現像もできないので外注になります、という。

 店によって違うようだが、カラーフィルムなら現像焼付もできるけれどモノクロは時間がかかるようだ。

ネットで取り寄せるしかないのかと思いつつハンドルをにぎっていたら、近くにある古いカメラ屋さんの入り口に「白黒現像専門店」というのぼり旗が、目に飛び込んできた。

車を近くの大型量販店の駐車場にとめた。
さっそく「こんにちは」と訪れたら、営業しているのかしていないのかわからないような風情。
大きな声で「ごめんください」と呼んだら、ご高齢の耳の遠いご主人が出てきた。

白黒フィルム1本を買い求め「現像も出来ますか?」と聞くと「ああ、できるよ」ということだった。

まだ、白黒フィルムの現像と焼付をしてくれる店舗が延岡にも残っていたのだ。
カメラ


フィルムカメラは、シャッターを押しても、フィルムを巻き戻して取り出してカメラ店に持っていって、現像し、焼き付けてもらうまでは、どんな風に写っているのか、わからない。少なくとも数日はかかる。

かめら2


これが、いいところだし、不便なところでもある。

さて、どういうのが写るか。少し、楽しみではある。

では。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。