土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
2010-03-05-Fri  CATEGORY: 建設
 午前5時35分起床。天候は晴れのち曇り。朝の外気温は12度。日中は23度ぐらいでは上昇し、過ごしやすい一日であった。

 朝焼けの鉄塔(旭化成の鉄塔)

 鉄塔

 お大師様
お大師さま

 飛行機雲が西から東の空に真っ直ぐにひかれていた。
 予報どおり、明日は雨みたいだ。飛行機雲が見えると雨になる公算が高い。


市役所前の街路樹、銀杏。
銀杏




話は変わる。

頑張る。

頑張る、とはどういうこと?
私は「努力する」「精一杯やる」みたいなことだと解釈している。それ以外の解釈はどこにもない。

でも、世間でいわれる「頑張る」には、努力だけでなく「成果」まで求めているような暗黙の意味合いがこめられているようだ。
金メダルを獲得すると「よく頑張った」などと。たしかに「頑張った」から結果が出たのだが、この文脈からいくと、メダルを取らない選手は「頑張らなかった」ということになる。

金メダルを取らなくても、いや、入賞を逃しても、失敗したとしても、懸命に努力しているということ、そのことが「頑張る」ということなのだと思う。

精一杯やった。それでいい。
たとえ、結果がよくなくても、やるだけやったら、いい、ではないか。

甘い、と言われるかもしれないが、それでいいのだと思っている。昔から。





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.