土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
2010-03-12-Fri  CATEGORY: 建設
午前5時35分起床。天候は晴れ。室内温度10度、外気温2度の朝だ。日中は20度まで上がり、汗ばむほどの陽気であった。

 出社途中に撮影した、様々な日の出

 旭化成鉄塔の日の出
日の出1
 弘法大師の日の出
 日の出2
 日向灘の日の出
日の出3
五ヶ瀬川の日の出
日の出5
大瀬川の日の出
日の出6




少額工事の段取りをしていた。久しぶりの段取りだ。2日間で完成できる内容だ。

道路占用許可をとらないといけないのだが、書類はU君が作成してくれた。
頼みのU君は、今日は休み。
作成したくれた書類、あまりにも久しぶり過ぎて、どこに届けてどうするのかがわからなかった。
出社して誰かに聞けばいい、と思っていた。

出社したら、机の上に、詳細な手順を書いたメモが置いてあった。
U君が、心配して、手順書を懇切丁寧に書いて、置いてくれていたのだ。

感謝!! である。

心配させる上司。心配してもらえる上司。
うれしい心配りである。

そのあと、段取りに入る。

いろいろな場面を想像して段取りにはいる。段取りは、リスク管理そのものである。

単純で小さな仕事だが、工事である以上、すべてのものが含まれている。


しかし、何か落ちはないのか・・を幾度となく、繰り返して考える。

なんとかできた。

本番は、来週末である。


では。











スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.