土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
家人。
2010-03-19-Fri  CATEGORY: 未分類
午前5時35分起床。天候は晴れ。室内温度13度、外気温4度の朝だ。 
 
 今朝は、家人の調子が悪く、炊きたてご飯に卵をかけて食べて出社した。

 昼間は気温が上昇し汗ばむほどの陽気だ。朝・夜と昼の気温の差が激しい。


 


このブログの存在を、多分、家人は知らない。

家人と一緒になって、まる34年が経過しようとしている。
来年は珊瑚婚式というのらしい。

正直に言うと、結婚したことを後悔したことが、ただ一度だけある。

それは、34年前の披露宴会場に家人と腕を組んで入場したときだ。
「これでよかったのか」「いいのか」自分を問い詰めながら歩んだものだ。

 ・・・・・・・・・で・・

今、一緒になってよかったと心から思う。

生まれ変わって、結婚するとしても「家人」がいいと思える。

聞いたことはないが、多分、家人も同じ想いだ。

 ここまでくると「あ・うん」だし、共同体だし、仲間だし、パートナーだし、二人で一人だし、私にとっては、かけがえのない伴侶だ。

こういうことを、臆面もなく第三者に語ったり、こうして文章に書けることそのものについても家人に感謝だ。


願わくば、家人よりは、一秒でもいいので、私の方が、先に逝きたいものである。

それぐらいの我儘は許してほしいなあと思うし、強く願っている。




明日は、現場だ。
トラブルなく、無事に完了したいと思う。


では。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。