土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「その他」に思う。
2010-04-07-Wed  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前5時35分起床。天候は雨。室内温度18度、外気温16度の朝。

 朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜とほうれん草と椎茸の味噌汁、納豆と海苔、高菜漬け、濃茶をいただいた。

 雨は、午前中の早い時間にあがった。




技術士筆記試験の願書手続きを済ませた。

 すべての手続がインターネットでできる。受験料14,000円は、近くのコンビニで振り込んでOKである。

 便利なものだ。

 願書に記入していたら「学歴」を書くように求められている欄があり、大学卒、高専卒、大学院卒、その他の中からから選ぶようになっている。

 私の場合は、高校卒なので「その他」ということになる。

「その他」かよう、である。ひとくくりに「その他」という言い回しは如何なものかと思はないでもない。
ちょっと失礼ではないかとも思うが、まあ、その他なのだから仕方ない。

 学歴といえば、以前、山口県の居酒屋で○○大学の名誉教授と居意気投合して語りあったことがある。専門のコンクリートのことから、宮本常一さんの生きかたまで、多方面に語らったあとで、教授から「ところで、いとうさんは、どこの大学を出られたのですか」と聞かれた。私は「県立の工業高校です」と答えると、一瞬、間があり「いや、私は、技術士資格を持たれている方は大学卒業とみなしますから」といわれた。

 ちょっと、唐突すぎて、何とお答えしていいのかわからなくて「ああ、そうですか」みたいな返事をしたように思う。

 私は、別に、みなされなくてもいいし、そのあとで、これは、なんなのだろうか、と思った。

 正直にいうと、大学には行きたかった。

 家にお金がなかったから行けなかったのではなく、自分の覚悟がなかったから、行けなかった。
 家庭の経済事情は無関係というと嘘になるが、当時は、本当に行こうと思えば、苦学してでも、行ける道というものが、あった。私の友人には、同じような環境から、東京で新聞配達しながら予備校に通い、アルバイトしながら大学を4年で卒業して、今は都内で自立して事務所を開設し、活躍しているやつが居る。

 今の世の中は、どうかわからないが、当時は、覚悟とやる気さえ持続できれば、なんかとなれたのである。
 
 覚悟が持てなかったという自分を駄目だなあと嫌悪した時期があったが、今は、ほとんど後悔はしていない。
 仕事をしながら、自分の好きなことを学んだり、好きなことをするというのは、恵まれていると思える。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。