土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ミニトマト
2007-06-16-Sat  CATEGORY: 未分類
 今日、図書館から帰宅したら水戸の長谷川様から、ミニトマトが届けられていた。
 ありがとうございます。m(__)m

ミニトマト


 仏壇にお供えする前に、ひとつ、つまんで口中に放り込んだ。私の口には、丁度いい大きさだ。
 軽く噛んだ。皮が弾力を持ちながら、はね返してきた。少し力を入れて一気に、噛んだ。
 「ぷち、じゅっ」という音が聞こえたように感じた。。
 糖度の高い、果汁が口の中に広がっていった。

 トマトは、ナス属だそうである。
 そういえば、似ていないこともない。
 トマトの栄養は、なんといってもビタミンCだろう。それに、うまみの素であるグルタミン酸も含まれていると聞いたことがある。

 甘くて旨い、はずである。

 茨城の大地で茨城の陽光を浴びて育ったミニトマト。
 寝しなにも食べよう。
 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.