土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ほぞをかむ
2017-04-15-Sat  CATEGORY: 未分類
元気です。



喜びの時、怒りの時、何も行動をしてはいけない
 喜びもやみ、怒りもやみ、平常心を取り戻した後に事を行なうようにしなさい。
by貝原益軒



・・というような事例に出くわすこと、こういう経験は数知れず。

 感情的に昂ったときは、一晩、二晩、寝かしてから対応するのがいちばんだ。一時の喜びや怒りや悲しみが落ち着かないうちに、勢いのまま行動に移ると、失敗したり、あとで猛省することのほうが多い。

「わかっちゃいるけど・・・」これが、この年齢になっても、その場になると、出てくるときもある。

ほぞをかまないようにしたい。



写真は、汚濁防止フェンスの上の水鳥。
unnamed (1)

このアングルどこかで、見たことあるぞと、思い出したのが ラドン
ラドン白黒

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
・・・
2017-04-06-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。




加川良さんが亡くなったとスマホの記事で知った。69歳。
彼のライブには10年ほど前に、2回ほど行ったことがある。しかも、本人の目の前3mぐらいのところで聴いたのだ。

昔、聴いていた加川良が、昔と変わらない声で、目の前でギターで弾き語りしてくれた。
加川良

持ち込んだ、CDジャケットにサインをしてもらった。
加川良CD


「教訓Ⅰ」は、本人が「歌うたんびに新曲だと思えるんです」と語るほど、今という時代にぴったりの曲だし、僕は僕のことが好きでありますようにの「流行歌」や「銭の効用について」「コスモス」「百円札」「伝道」「戦争しましょう」「下宿屋」・・。いい歌ばかりだ。


最後の吟遊詩人が居なくなった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2017-04-02-Sun  CATEGORY: 建設
元気です。皆さんはどうですか。
ひさしぶりの更新。




今年は、桜の開花がやけに遅い。近くの公園にいったみたら「ちらほら」というところ。

昨日は、入社式。今年は5名の新人が入社。自部署は男子と女子、各1名。一流の技術屋になってほしいものだ。


 朝、トイレに座ったとき、スマホ版青空文庫で吉川英治の太平記を読むのが日課となっている。
昔、読んだことのある本で、当時は面白さを感じなかったので内容もほとんど覚えていない。
しかし、今、再読してみると、これが面白い。
著作権は消滅していても、さすが、吉川英治。

青空文庫で古典を読み、kindleでこの頃の本を読む。これも、またよし。

 散歩での鉄塔夕暮れ写真を加工した。
IMG_20170307_112648_processed_20170402153436922.jpg




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
大阪万博
2017-02-25-Sat  CATEGORY: 未分類
元気です。

【二層うだつの町並み 加工】
unnamed 0





TVを見ていたら1970年大阪万博の映像が流れていた。
大阪万博は高校二年生の頃で、校内で参加者を募り大勢の希望者が団体で見学に行くことになった。好奇心は旺盛な方なので行きたかったけれど、家庭の経済事情から「行きたい」とは言いだせないまま、行かないことにした。見学旅行は一泊二日だったと思うが、学校は休校になり、私は家でじっとすることにした。

そこに友人がたずねて来た。
お前は、万博に行ったのではないのかと聞いたら、いや、行かん。万博に行くお金を貯めて大学受験の参考書代に回すので泊めてくれ、という。
うん、いいよと返事し、おかけで退屈な時間からは免れた。とはいえ、友人は万博に行ったことになっているので、町中を堂々と歩くわけにもいかず、家で熱く語り合う青春の日々を過ごした。

万博旅行の日程も終わり、自宅に戻ることになった友人は、土産ものがないだろうかという。とりあえず、探してみるかと、近所の二人で商店を歩いていたら、酒屋に、万博記念の缶ビールが置いてあった。
「コレでいいんじゃないか」と勧め、彼は4.5本を袋に入れて、土産物として自宅に戻っていった。あとで聞いたら、友人の父はよろこんでいたそうである。

友人は、卒業後上京し新聞配達しながら予備校に通い、念願の大学にも入り、様々なアルバイトをしながら卒業し、今は、事務所を開設して女房子供を養っている。
我が友、あらためてみてもみなくとも、たいしたものだと思う。

♪下駄をならして奴が来る、腰に手ぬぐいぶら下げて・・・の世界である。

【万博に行った友から土産にもらったパンフ】
20170225_162918 - コピー

このパンフどおりの実現はできていない。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
牛乳
2017-02-09-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。




小学生の頃、学校で半強制的に飲まされた脱脂粉乳へのトラウマがあるのか、今も牛乳は好のまない。
今まで「うまい」と感じて飲んだこともない。飲んで飲めなくもないけれど、飲まないようにしてきた。
「よし、飲んでみるか」と飲むときは、透視に使ったバリウムを体外に出やすくするための下剤の補完とか、胃酸過多でチクチクする胃壁の保護のためなど、薬代わりとして飲んできたぐらいだ。

小学校の頃の風景(モノクロをカラーに加工)
校庭


牛乳は原料が「牛」だ。牛だけにウマが合わないのだ。
といって牛乳を完全否定するものでもない。加工製品の チーズも好きだし、乳酸飲料など毎日いただいている。私たちの子供や孫も粉ミルクのおかげで成長することができたし、幼いころの私も、粉ミルクにはお世話になったはずだ。
ただ、なんでもかんでも牛乳というのは摂り過ぎかなと思う。

というのは、孫の給食、ご飯でもパンでもすべて牛乳が出されるということを聞いて、こういうことを感じた次第。
ご飯には牛乳ではなくて、茶柱が起つような番茶だろう、と思う。
まあ、孫は私とちがい牛乳は好きみたいだから、それはそれでいい。
しかし、すべからく、なんでもかんでも「摂り過ぎ」というのは「過ぎたるは及ばざるが如し」だと思う。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。